読書-Lab

「読書-Lab」へようこそ!

ここは文字通り、読書に関する研究所です。
しかしながら、何やら学術的に難しい調査研究をするわけでもなく、あなたが日常的に手に取っている本を通じて、読書に関してまとめていこうと思っています。
このため、対象テーマとして、「読書」、「読書会」、「本・書籍」、「電子書籍」、「書斎」、「電子端末」などを取り上げていきたいと考えています。

図書館や本屋の書架に並んでいる無数の本を前にして、これらを全部読めたらと思ったりしますが、到底そのようなことは叶いません。
せいぜい頑張って読んだところで、一生のうちに読める本など3,000冊くらいでしょうか?
それなら少なくともこれらから自分にふさわしい、自分に有益な本を選んで読もうと思うも、それもまたなかなか難しいものです。
だったら我々の英知を集めて、効率的に自分に相応しい本を探し出す仕組みを作り出そうと思いました。
本好き、読書好きだからこそ、読むべき本を厳選し、その情報を多くの人々で共有したいと思います。

そもそも読書や本選びに正解なんてありません。
個々それぞれのスタイルで良いと思います。
同様に本に書いてあることが全て正しいなんてこともなく、受け取る側が判断する力を身につけることが重要です。
それは読書によって築かれ、磨かれます。
そう思ってから、私は少し成長しました。
新たな願いは、なんの心配もなく思うままに本を買い、それらを読むために十分な時間が欲しいということです。
それができたら、こんな幸せな状態はない、と思っています。

「読書-Lab」のめざすもの

  • 効率よい読書のために、読書を楽しく科学します
  • 高確率で、あなたの目的とする本にたどり着くための支援を行います
  • 利用者の英知を結集し、読書の楽しみ方を刺激します

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ

【読書メモ】「 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」(4)

この本は、哲人を訪ねてきた青年が、五夜にわたり討論を交わす、会話形式の構成を取っています。
この本の内容を5回に分けて、ポイントをまとめましたものを公開していきます。

その四話目ですが、抽象的な話が中心になって、何だか話が混沌としてきました。

◆第四夜(世界の中心はどこにあるか)

1. 対人関係のゴールは「共同体感覚」
   ・他者を仲間と見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられること
2. アドラーが言う「共同体」とは、国家や人類を超え、全生物、時間軸においては、過去から未来のすべてをさす
3. 幸福の源泉もまた対人関係にある
4. 共同体感覚とは、幸福なる対人関係のあり方を考える、もっとも重要な指標
5. 社会の最小単位は「わたしとあなた」
   ・それを起点として、自己の執着を、他者の関心に切り替えていく
6. 「課題の分離」ができておらず、承認欲求にとらわれている人も自己中心的と言える
   ・承認欲求にとらわれている人は、実際には自分のことしか見ていない
7. 「所属感」とは、「わたしはこの人になにを与えられるか?」を積極的にコミットして、自らの手で獲得していくもの
8. <一旦整理>
   ・対人関係の入り口には「課題の分離」がある
   ・そして、そのゴールには「共同体感覚」がある
   ・共同体感覚とは、「他者を仲間だと見なし、そこに自分の居場所があると感じられること」
   ・共同体の範囲は「無限大」
9. 「より大きな共同体の声を聴け」
10. 関係が壊れることだけを怖れて生きるのは、他者のために生きる、不自由な生き方です
11. 「横の関係」ーー上下の「縦の関係」の否定
12. ほめてはいけないし、叱ってもいけない
   ・ほめることは、「能力がある人が、能力がない人に下す評価」
13. 劣等感とは縦の関係から生じる意識
14. 対人関係で、相手を自分より低く見ているから、介入してしまう
15. 横の関係に基づく援助のことを、「勇気づけ」と呼ぶ
16. 人はほめられることで、「自分には能力がない」という信念を形成する
17. ほめられることが目的になると、他者の価値観に合わせた生き方を選ぶことになる
18. 人は感謝の言葉を聞いたとき、自らが他者に貢献できたことを知る
19. 「人は、自分に価値があると思えたときにだけ、勇気を持てる」
   ・「わたしは共同体において有益だ」と思えたときこそ、自らの価値を実感できる
20. ここに存在しているだけで価値がある