【読書メモ】「 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」(5)

この本は、哲人を訪ねてきた青年が、五夜にわたり討論を交わす、会話形式の構成を取っています。
この本の内容を5回に分けて、ポイントをまとめましたものを公開していきます。

表面的には全体を読み終えたわけですが、禅問答のように思える部分や、言葉としても理解できても、共感ができない部分などが多々ありました。
改め、感想を交えて、この辺りはまとめたいと思います。
(この本の読書メモは一旦終了)

◆第五夜(「いま、ここ」を真剣に生きる)

1. アドラー心理学がわかりにくいのは、順番が悪いからではないか?
   ・一対一の関係、「わたしとあなた」の対人関係を考えてから、広げていく
2. 「自己受容」=肯定的なあきらめ、第1のキーワード
3. 能力が足りていないのではなく、”勇気”が足りていない。すべては勇気の問題
4. 「他者信頼」第2のキーワード
5. 「信じる」
   ・信用—条件付き(融資の例)
   ・信頼—条件なし
6. 対人関係の基礎は「信頼」からできている
7. 相手が裏切るかどうかは、他者の課題
8. 無条件の信頼とは横の関係を築いていくための手段
9. 「自己受容」+「他者信頼」ができれば、他者は仲間になる、所属感を得る
10. 他者のことを敵だと思っている人は、自己受容ができていないし、他者信頼も不十分
11. 「他者貢献」第3のキーワード
   ・自分を捨てて、誰かに尽くすのではなく、自分の価値を実現するためにこそ、なされるもの
   ・自己を犠牲にする必要はない
12. 行動面の目標(再度登場)
   1.自立すること→自己受容
   2.社会と調和して暮らすこと→他者信頼・他者貢献
13. 行動を支える心理面の目標(再度登場)
   1. わたしには能力がある、という意識→自己受容
   2. 人々は私の仲間である、という意識→他者信頼・他者貢献
14. アドラー心理学を本当に理解して、生き方まで変わるようになるには、これまで生きてきた年数の半分の時間が掛かる
15. 神経症的ライフスタイルを持った人は「みんな」「いつも」「すべて」という言葉を使(ってネガティブな事を言)う
   ・人生の調和を欠いた生き方
16. ワーカーホリックの人は、仕事を口実に、他の責任を回避しようとしている
17. 他者貢献とは目に見える貢献でなくても良い
18. 「幸福とは、貢献感である」
19. 承認欲求を通じて得られた貢献感には、自由がない
20. 共同体感覚さえあれば、承認欲求は消える、不要になる
21. 「安直な優越性の追求」
   ・楽に、他者の注目を集め、「普通」の状態から脱し、「特別な存在」になろうとすること
22. 「普通であることの勇気」
   ・自己受容の第一歩
23. アドラー心理学では、人生は線ではく、点の連続として考える
   ・計画的な人生など、それが必要か不必要か以前に、不可能
24. 人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那
25. 「キーネーシス的(動的)な人生」と「エネルゲイア的(現実活動態的)は人生」
   ・アドラー心理学は後者
     - 過程そのものを、結果とみなす動き
     - 「旅」の例え
26. いまできることを真剣かつ丁寧にやっていくこと
27. 「いま、ここ」を真剣に生きること。
   ・真剣だけど、深刻ではない
28. 人生最大の嘘は「いま、ここ」を生きていないこと
29. 「一般的な人生の意味はない」
   ・「人生の意味は、あなたが自分自身に与えるもの」
30. 「導きの星」は「他者貢献」にある
31. 「わたしの力は計り知れないほどに大きい」
   ・世界は他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ「わたし」によってしか変わりえない

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です